>

電話やメールでも見積もりが分かる

電話で見積りを聞く方法

電話は、その場で答えを知ることができる部分がメリットです。
早くリフォームに必要な金額を知りたいと思っている人は、電話で聞きましょう。
しかし口頭で伝えるので、情報を細かく伝える必要があります。
どこをリフォームしたいのか、また現在の様子はどのようになっているのか伝えてください。
電話で正しく相手に伝わるのか心配だという人も見られますが、細かく伝えれば大丈夫です。

電話をする前に、業者に伝えておかなければいけない内容をメモに整理しておきましょう。
台本を作っていれば、スムーズに電話を進めることができます。
また、電話の対応が悪い業者は控えてください。
スタッフの態度が悪い業者は、どこかに問題がある可能性が高いです。

メールで聞く場合

メールを使って見積もりを聞く場合は、写真を添付できる部分がメリットです。
電話の方が簡単ですが、口頭で上手く説明する自信が無い人はメールを送りましょう。
不具合が発生している部分を写真に撮ってください。
ハッキリ見えるように撮影しないと、正しい見積もりの結果を聞くことができなくなります。
メールはこちらが送ってから、返信が来るまで時間がかかると覚えておきましょう。

優良なリフォーム業者だと、3日以内には返信が来ます。
それ以上経過しても返信が来なかった場合は、あまり信頼できない業者だと判断した方が良いです。
ですが金曜日にメールを送った場合は、土曜日と日曜日が休みになるので返信が翌週の月曜日以降になることが多いです。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る