>

現地調査や見積りが重要になる

住宅の状態を確認する作業

現地調査では、住宅がどのような状態になっているのか調べます。
口頭で伝えるだけでは、正しく理解してもらえないかもしれません。
間違ったまま業者のスタッフが理解していると、間違った金額を伝えられる危険性があります。
実際にリフォームを依頼した時に、予想とかなり違う金額を請求されたら大変です。
現地調査を済ませておけば、そのようなトラブルを回避できます。

また現地調査をしてもらうことで、自分の希望通りのリフォームができるのか判断してもらえます。
希望があっても、住宅の状態によってはできないと言われることがあります。
仮にできないと言われても、代わりアイデアを出してくれるので大丈夫です。
もっと良いリフォームになるかもしれませんね。

スタッフと話し合おう

どんな風にリフォームをしたいのか、現地調査の時に話し合うスタイルの業者が多いです。
実際に住宅をスタッフに見せながら、キッチンを広くしたいと伝えたり、収納スペースを増やしてほしいと行ったりしましょう。
相手に伝わりやすいのがメリットです。
高い腕前を持っている業者に依頼すれば、難しいリフォームでも請け負ってくれます。
自分で無理かもしれないと諦めないで、スタッフに相談してみましょう。

また、まだ具体的にどのように変えたいのか決まっていない部分もあると思います。
そこを見せると、スタッフがアドバイスをくれます。
気に入ったら、アドバイスを採用してください。
現地調査をする時は、自宅を全て見てもらうのがおすすめです。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る